Q.債務整理をしたらクレジットカードは使えますか?残すことは出来ますか?

A・任意整理であれば、クレジットカードを残しておくこともできます。

個人再生・自己破産では残しておくことはできませんが、一定期間後にまた作れます。

任意整理では、整理したい対象の相手を選択することができます。そのため、クレジットカードを残しておきたいカード会社を債務整理の対象から外せばそのカードは使い続けることができます。

ただし、信用情報機関のデータに載るのを避けるため、念のためそのカードではキャッシングはしない方が賢明です。

個人再生・自己破産では、全ての負債を整理の対象にしなければならないので、クレジットカードを残しておくことはできません。

ただし、免責決定が出てから10年過ぎれば信用情報機関のデータから履歴が消えるので、新たにクレジットカードを作ることができるようになります。

債務整理をしても、持てるカードはあります。

なお、最近は各クレジットカード会社からデビットカードというカードが発行されています。

これは預金のように今預金口座にある残高以上は使えないところはキャッシュカードのようですが、クレジットカードと同じ決済方法で買い物ができるカードです。

これは貸付ではないため、信用情報が関係ないので破産中でも作ることができます。

ですので、債務整理によってカードが使えなくなるというデメリットは、あまり関係が無いとも言えます。

債務整理をためらう理由がクレジットカードだけであれば、早めに専門家に相談してみることをオススメします。

「どのカードを残しておくべきか」
「どの債務整理を行うべきか」

無料の借金診断を使うと、あなたにとって最善の方法をカンタンに調べることができます。

“利用者満足度が高い”無料の借金診断サイト 3選
弁護士法人アドバンス

あなたの借入金額や借入年数など、カンタンな質問に答えるだけで、借金がいくら減るのかがわかる無料診断サービスです。

LINEのようなチャット形式で気軽に無料相談(匿名可)できるのが特徴で、借金の悩みをカジュアルに相談ができることもあり、毎月1万人以上が利用しています。

また、ヤミ金被害に対応できる貴重な弁護士法人なので、もしヤミ金に手を出してしまった場合は、あなたの家族や会社への嫌がらせ等、取り返しの付かないことになる前に、一度専門家に確認してみましょう。(無料)

司法書士法人あい和リーガルフロンティア

こちらも、無料相談&匿名で利用できる「借金減額シミュレーター」が使える無料診断です。

1分でできる無料診断を元に、あなたの借金がいくら減るのか、今後の返済に即役立つ情報がすぐにわかります。

また、無料で専門家に相談することもできるので、わからないことは気軽に聞いてみてください。

全国対応・24時間診断OKです。

新大阪法務司法書士事務所

無料相談&匿名で利用できる「借金診断」が人気のサービスです。

全国対応で相談無料。債務整理費用も分割で後払いが可能なので、今現在の負担を少しでも増やしたくない人におすすめです。

30秒程でできる簡単な診断なので、スグに調べられるのも人気の理由です。

人気の借金診断サイトを検索

事務所の種類
エリア検索
連絡方法
フリーワード検索
こだわり検索

※「借金の9割が減らせる」とは、2014年の自己破産の免責許可決定の割合が96.44%というデータをもとに表示。減額される金額には個人差があります。

参考:日本弁護士連合会「2014年破産事件及び個人再生事件記録調査

はじめての債務整理