Q.借金の保証人でも自己破産はできますか?

A・保証人でも自己破産はできます。

借金の大元の人物が破産したり、返済ができなくなった場合には、連帯保証人にも請求が回ってきます。

その場合、自分名義の借金はなく、負債の内容のほとんどが連帯保証債務だったとしても自己破産は可能です。

特殊なケースでは、例えば、Aさん、Bさん2人の保証人になっていたとします。

Aさんが自己破産をして自分に請求が回ってきたが、支払えない状態だという場合、Bさんが破産していない場合でも、全ての負債を対象として破産申立をすることができます。

つまり、すでに現実化したAさんの連帯保証債務も、まだ現実化していないBさんの連帯保証債務も自己破産で全部チャラにすることができます。

その際に新たな連帯保証人を紹介しろなどということを迫られることはありません。もしそのようなことがあっても照会する必要はありません。

なお、Aさん、Bさんともに返済が順調である場合は、連帯保証人が支払うべき負債が現実に発生していないため、連帯保証人であることを理由に自己破産をすることはできません。

滞りなく返済している場合に借金の保証人から抜けたい場合は、借り主に別の連帯保証人を用意してもらって抜けさせてもらう必要があります。

自己破産は債務者を救う最後の手段です。

大きな決断をされる前に、自己破産以外の方法で借金が解決できるかどうかを、こちらの診断サービスで、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

無料・匿名で、30秒程の入力でスグに調べられます。

→無料の自己診断はこちらです。(※外部サイトへ)

“失敗しない” 無料の借金診断サイト
弁護士法人アドバンス

あなたの借入金額や借入年数など、カンタンな質問に答えるだけで、借金がいくら減るのかがわかる無料診断サービスです。

LINEのようなチャット形式で気軽に無料相談(匿名可)できるのが特徴で、借金の悩みをカジュアルに相談ができることもあり、毎月1万人以上が利用しています。

また、ヤミ金被害に対応できる貴重な弁護士法人なので、もしヤミ金に手を出してしまった場合は、あなたの家族や会社への嫌がらせ等、取り返しの付かないことになる前に、一度専門家に確認してみましょう。(無料)

新大阪法務司法書士事務所

無料相談&匿名で利用できる「借金診断」が人気のサービスです。

全国対応で相談無料。債務整理費用も分割で後払いが可能なので、今現在の負担を少しでも増やしたくない人におすすめです。

30秒程でできる簡単な診断なので、スグに調べられるのも人気の理由です。

※税金の滞納や個人間の借金には対応ができません。

弁護士法人・響

「弁護士法人・響」も、たった30秒・4つの質問だけで診断できる減額シミュレーターが人気です。

代表弁護士の西川研一氏は、フジテレビ「バイキング」にレギュラー出演。他にもラジオ番組等にも多数出演していて、今、最もメディアに露出している弁護士の一人です。

メディアでの信頼も高いため、安心して相談したい方はこちらの診断がオススメです。

※税金の滞納や個人間の借金には対応ができません。

※「借金の9割が減らせる」とは、2014年の自己破産の免責許可決定の割合が96.44%というデータをもとに表示。減額される金額には個人差があります。

参考:日本弁護士連合会「2014年破産事件及び個人再生事件記録調査

はじめての債務整理