Q.住宅ローン支払い中ですが、家を手放さずに債務整理することはできますか?

A・家を手放さずに債務整理はできます。

任意整理の場合は、財産状況を明らかにする必要がないので、住宅ローンを含めた返済金が返済可能であれば、持ち家を手放す必要はありません。

個人再生でも「住宅ローン特別条項」という方法を使えば、住宅ローン以外の負債だけを整理することが可能です。

「住宅ローン特別条項」を使うためには細かい要件がいくつかありますが、すでに受託ローンを滞納しており保証会社に債権が移転していても大丈夫なケースもあります。

ですから、滞納しているからといってあきらめずに弁護士や司法書士に問い合わせてみる価値はあります。

自己破産の場合は、残念ながらいずれ必ず手放さなければいけないでしょう。

しかしオーバーローン状態(負債額が不動産の価値の1.5倍以上)であれば、同時廃止事件の可能性がありますので、即競売、即退居という自体は免れます。

いずれは退居しなければいけないでしょうが、債権者が競売を申し立ててくるまでは、住宅ローン会社との任意の交渉となりますので、新たな買い手が見つかるまでは住み続けることができ、猶予期間があります。

破産し返済がなくなれば、新たな買い手が見つかるまでの期間で引っ越し費用を貯めることができる場合もあります。

自分の場合はどれに該当するかは、プロに聞いてみるのが一番確かな情報を得られます。まずは、弁護士や司法書士に聞いてみましょう。

“失敗しない” 無料の借金診断サイト
弁護士法人アドバンス

あなたの借入金額や借入年数など、カンタンな質問に答えるだけで、借金がいくら減るのかがわかる無料診断サービスです。

LINEのようなチャット形式で気軽に無料相談(匿名可)できるのが特徴で、借金の悩みをカジュアルに相談ができることもあり、毎月1万人以上が利用しています。

また、ヤミ金被害に対応できる貴重な弁護士法人なので、もしヤミ金に手を出してしまった場合は、あなたの家族や会社への嫌がらせ等、取り返しの付かないことになる前に、一度専門家に確認してみましょう。(無料)

新大阪法務司法書士事務所

無料相談&匿名で利用できる「借金診断」が人気のサービスです。

全国対応で相談無料。債務整理費用も分割で後払いが可能なので、今現在の負担を少しでも増やしたくない人におすすめです。

30秒程でできる簡単な診断なので、スグに調べられるのも人気の理由です。

※税金の滞納や個人間の借金には対応ができません。

弁護士法人・響

「弁護士法人・響」も、たった30秒・4つの質問だけで診断できる減額シミュレーターが人気です。

代表弁護士の西川研一氏は、フジテレビ「バイキング」にレギュラー出演。他にもラジオ番組等にも多数出演していて、今、最もメディアに露出している弁護士の一人です。

メディアでの信頼も高いため、安心して相談したい方はこちらの診断がオススメです。

※税金の滞納や個人間の借金には対応ができません。

※「借金の9割が減らせる」とは、2014年の自己破産の免責許可決定の割合が96.44%というデータをもとに表示。減額される金額には個人差があります。

参考:日本弁護士連合会「2014年破産事件及び個人再生事件記録調査

はじめての債務整理