Q.債務整理をすると、生命保険や学資保険等は解約しないといけないのでしょうか?

A・解約しなくても大丈夫です。

債務整理と保険契約は直接関係がありません。

特に、任意整理の場合は、各債権者との交渉での解決法であり、財産状況を問われないので、保険を解約する必要はありません。

個人再生の場合でも掛け金を払い続けられる余力があるのであれば保険を維持し続けても大丈夫です。

問題は自己破産をする場合ですが、これも預金、保険、自動車など総額で99万円以下の財産(自由財産)であれば所有していて良いことになっています。(注意:お住まいの地域によっては66万円以下のところもあります)

また、保険解約返戻金が99万円を超える場合であっても、闘病中であるなど、一度解約したら二度と保険に入れないなどの事情がある方は、差額を破産管財人へ納めることで保険を続けることを相談できるケースもあります。

持病など、特別な事情がある方は、債務整理の相談と共に、保険を残したい旨も弁護士や司法書士に相談してみると良いでしょう。保険を継続できるかどうかを教えてくれます。

“失敗しない” 無料の借金診断サイト
弁護士法人アドバンス

あなたの借入金額や借入年数など、カンタンな質問に答えるだけで、借金がいくら減るのかがわかる無料診断サービスです。

LINEのようなチャット形式で気軽に無料相談(匿名可)できるのが特徴で、借金の悩みをカジュアルに相談ができることもあり、毎月1万人以上が利用しています。

また、ヤミ金被害に対応できる貴重な弁護士法人なので、もしヤミ金に手を出してしまった場合は、あなたの家族や会社への嫌がらせ等、取り返しの付かないことになる前に、一度専門家に確認してみましょう。(無料)

新大阪法務司法書士事務所

無料相談&匿名で利用できる「借金診断」が人気のサービスです。

全国対応で相談無料。債務整理費用も分割で後払いが可能なので、今現在の負担を少しでも増やしたくない人におすすめです。

30秒程でできる簡単な診断なので、スグに調べられるのも人気の理由です。

※税金の滞納や個人間の借金には対応ができません。

弁護士法人・響

「弁護士法人・響」も、たった30秒・4つの質問だけで診断できる減額シミュレーターが人気です。

代表弁護士の西川研一氏は、フジテレビ「バイキング」にレギュラー出演。他にもラジオ番組等にも多数出演していて、今、最もメディアに露出している弁護士の一人です。

メディアでの信頼も高いため、安心して相談したい方はこちらの診断がオススメです。

※税金の滞納や個人間の借金には対応ができません。

事務所を探す

事務所の種類
エリア検索
連絡方法
フリーワード検索
こだわり検索

※「借金の9割が減らせる」とは、2014年の自己破産の免責許可決定の割合が96.44%というデータをもとに表示。減額される金額には個人差があります。

参考:日本弁護士連合会「2014年破産事件及び個人再生事件記録調査

はじめての債務整理